小顔施術で大切なテーマとは?【時間をかけてカウンセリング】

女性

理想の顔を手に入れる

カウンセリング

顔を小さく見せる方法

小顔になるためにはいろいろな方法があるので、まずは自分の顔がどのような原因で大きくなっているのかをチェックすることが必要です。その原因によって対策法が違うため、準備することも変わってきます。まず顔に脂肪がついてしまっている場合には、脂肪を少なくするような対策としてメソセラピーがあげられます。筋肉がつき過ぎてえらが張っているという原因の場合にはボトックス注射をすると筋肉の緊張がとれて小顔になることができるでしょう。もうひとつの良くある原因は加齢によるたるみで、大きくリフトアップさせたい場合には糸を使って持ち上げる方法もありますし、少しだけリフトアップしたいという時にはレーザーを使用します。こういった原因ではなく、顔の骨格そのものを変えたいという時には骨をきる手術が行われることになるので、全身麻酔で手術をすることが必要になります。手術を行うのでなければ、準備するものは多くなく、施術後に腫れなどが出ることを考えて休日を2日ほどとっておく必要があることぐらいです。施術後の腫れや痛みなどは個人差が大きいため、予想よりも酷くなることがあり、腫れが引くまでは外に出られないということもあります。手術を行う時には入院が必要になることもあるので、入院グッズ一式が必要です。申し込みは医師の診察を受けた時に指示に従って行いましょう。小顔になりたいと思った時には、自分の現在の顔のどのあたりを治せば小顔に見えるのかを知っておくことが重要です。顔の大きさは単純なものではなく、立体的に見せることで小顔に見えるような錯覚を作ることもできます。例えば、顎のラインを少し変えるだけで、顔の大きさはずいぶんと違って見えて、大きさは変わっていないのに小顔に見えるというマジックがあります。骨を切って顔を小さくする手術は大掛かりな内容になるので、そこまでする前に他の方法も検討してみると、他の選択肢もあるということが見えてくるでしょう。またボトックス注射などは一時的な変化を顔につけるだけで、根本的に顔のつくりを変えるものではありませんが、顔が元に戻るといことはメリットとも言えます。もしも失敗だと思えるような仕上がりになってしまった時でも数カ月先には元の状態に戻っていることが多いので、元に戻らない方法に比べると気軽にチャレンジしてみることができます。最初はそういったものを利用していき、それでも不十分だと感じた時には、骨を切る手術を健闘してみるという方法もあります。どうしても一気に全てを変えたいという時には、十分な時間を確保して手術の後に無理をしてしまうことがないようにしておきましょう。